たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

コンテンツ

  • 医院紹介
  • 診療案内
  • アクセス
  • 施設・スタッフ
  • もぐらタイムズ
  • 病気かな? と思ったら
  • よくあるご質問

最新の記事

月別記事一覧

カテゴリー別記事一覧

職員募集

診療時間のご案内

 
9:00
~12:30
14:30
~18:30
あり
あり
あり
あり
あり
なし
あり
あり
あり
あり
あり
9:00~15:00
日/祝
なし
なし
診察日
休診
の診察時間は14:00~15:00です。

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ
ブログ内の検索はこちら
Posted:2022.02.07 | Category: お知らせ

2月7日(月)より新クリニックでの診療を開始いたしました!

20220207_183644.JPG
写真は診療終了後なので、外は真っ暗ですが...
各方面からお祝いのお花もたくさんいただきました。感謝です。


20220207_183639.JPG
待合室にあるキッズルームも初日から子ども達に好評だったようで、一安心(^-^;


20220207_183650.JPG
キッズルーム内は感染対策としてオモチャなどが置かないように、映像で楽しめるようにプロジェクションマッピングを流しています。
静止画では伝わりにくいですが、大人でも非常に楽しいです。


20220207_191407.JPG

引っ越しも本当に大変でしたし、初日から新型コロナの大波を受けて非常に大変な状況でもありますが、これからも我々に出来る限りのことを真摯に頑張って参ります。

新生『たかむら耳鼻咽喉科』

これからも宜しくお願いします!

Posted:2022.01.26 | Category: お知らせ

3週間も間が空いてしまいましたm(__)m
こんなに間隔が空いたのはこのブログを始めて以来かもです。


ブログにたどり着いた方にはもうお分かりでしょうが、ホームページがちょっぴりリニューアルしました。
といってもトップの画像だけですが...(^^;)


これから他の部分もどんどんリニューアル予定ですので、お楽しみに。


先日、新クリニックに家具が入りました!

20220126_180249.JPG
手前にハシゴを置いちゃってますが(^^;)

家具が入ると雰囲気がガラッと変わりますね!
いよいよあと少しです!




さて、もう皆さんニュースなどで新型コロナ、オミクロン株の感染拡大が止まらない状況はご存知だと思います。

当院でも先週あたりから発熱された方々の受診が非常に多く、てんやわんやしております。

新型コロナの検査(抗原検査、PCR検査)もフル稼働しておりますが、やはり検査陽性になるかたも多数いらっしゃいます。

新型コロナの検査が陽性の方では『のどの痛み』『関節痛』『倦怠感』といった症状が多い印象です。



ここで一つ問題が...抗原検査キットの在庫が減ってまいりました。
いまのところは余裕がありますが、このペースで検査していくと2週間以内にはなくなりそうです。

仕入れしようにも卸の方にも在庫がなく...


PCR検査は検査会社に提出しておりますが、やはり検査の数が多すぎるようで結果がでるまで時間がかかることもチラホラ。
熊本ではありませんが、とある地域では結果がでるまで3~4日かかることもあるという話。
(いまのところは熊本では1~2日で結果は出ています)


いままでになく、低年齢の患者さんも多く、近隣の保育園、幼稚園も休園が増えています。
そして看病しなくてはならない親御さんに感染し...というパターンも非常に多いです。



厳しい状況が続いておりますが、なんとかギリギリまで当院も頑張っていきます。

Posted:2022.01.04 | Category: お知らせ

あけましておめでとうございます!

2022年の診療を本日1月4日より開始いたしました。
年末年始に体調を崩された方も多く、発熱された方も多かったのでお待たせすることもあったかと思います。


さて、散々予告してまいりましたが、来月当院は新クリニックへの引っ越しを行います。

2月1日(火)~2月5日(土)は新クリニックへの引っ越しのため休診となります
2月7日(月)より新クリニックでの診療開始の予定です。


受診される方にもっと安心して、受診しやすく、幅広いニーズに答えられるクリニックを目指してまいります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

20211221_083402.JPGのサムネイル画像

Posted:2021.12.28 | Category: 雑談

本日で2021年の診療が終わりました。

今年はやはり建て替え工事が始まったことが一番大きな出来事です。

前回も書きましたが、来年2022年2月1日(火)~2月5日(土)にかけて引っ越しを行います。
この期間は休診となります。


昨年から始まった発熱外来も気付けば1年以上続き、特に新型コロナの第5波ピークの頃は当院でもかなりの数の検査も行いました。
新しいクリニックに引っ越し後は隔離室もありますし、専用の動線もありますから更に受け入れ体制は万全になるハズです。


第6波の足音がだんだん近づいてきている感じが出てきています。

医療に関わるものとして、来年も出来る限りのことをしてまいります。。


来年はどういう1年になるでしょう。
どうしても話は新型コロナが中心になってしまうと思いますが、やはり一番期待しているのは治療薬ですね。

つい先日、メルク社の新型コロナ治療薬『モルルピラビル』が国内でも承認されました。
一般的に広く使用されるようになるのはまだ先だとは思いますが、大きな一歩です。
ファイザー製や塩野義製薬の治療薬にも期待がかかります。


コロナ以外は2022年は何かあるのか...?
パッと思いつかないのが、なんだか悲しいですね(´・ω・`)


とはいえ、明るく前を向いて来年も頑張っていこうと思います。
皆さん、良いお年を!!

Posted:2021.12.21 | Category: お知らせ

年末も差し迫ってきましたが...

新クリニック完成に近づいております!

20211221_083351.JPG
庇の上にクリニック名もつきました


と、いうわけで




2022年2月1日~2月5日にかけて引っ越し作業を行う予定
です。

その間は大変ご迷惑をおかけしますが、休診となります。





引っ越しといっても単に荷物を運ぶだけではなく、新たな機材の搬入や設置。
電話やインターネットの引っ越し工事もその期間に詰め込んでます。

さらに間取りも大きく変わっていますので、色々シュミレーションしたりと準備が大変です。




5日間あれば大丈夫...のハズ(^^;)



20211221_083402.JPG

ちなみに、この『TAKAMURA CLINIC』の文字。


スタッフから『スターバックスみたい...』という評価をもらいました(´・ω・`)



細かい話をするとスターバックスのフォントは"Freight Sans Black"というものらしいです。今ググりました。


『TAKAMURA CLINIC』のフォントは"Helvetica"というもので、非常に多くの企業のロゴなどにも使用されているものです。

有名なところでは、トヨタやマイクロソフト、シャネル、フェンディなども"Helvetica"を使用しているそうです。


私もデザイナーに教えてもらっただけなので、浅い知識ですが(^-^;



院内の文字やサインの細部までこだわった新クリニック。もうすぐでお披露目です(^^)/

Posted:2021.12.06 | Category: 医療系のお話 鼻

corona.post01.png


つい先日、『新型コロナ感染症(COVID-19)診療の手引き 別冊 罹患後症状のマネジメント(暫定版)』という資料が厚生労働省より発表されました。

ちなみに誰でもweb上で見ることができます。


もともと『新型コロナ感染症診療の手引き』という資料が定期的に更新されており、新型コロナの診断、検査、治療などなどについてまとめられています。


今回、それの別冊で罹患後症状についてのデータや治療方針などについてまとめられました。
罹患後症状とは、簡単に言うと『後遺症』ですね。


その中から、切り抜くと。
新型コロナ感染、発症後2か月、もしくは回復後1か月経過した時点で72.5%の方が何らかの症状の訴えがあり、最も多いのは倦怠感、次いで息切れ、嗅覚障害、不安、咳、味覚障害と続きます。


で、耳鼻科の専門領域で言うと、やはり嗅覚・味覚障害です。
最近相談を受けることも多いです。


ちょっと古い記事ですが、嗅覚障害については
コチラのブログをご参照ください。



嗅覚障害について、新型コロナ感染早期から認められることが多いのは多数の報告があります。
1か月以上嗅覚障害が続く場合、CTやMRI検査をしても異常ないことが多く、逆に早期に改善する場合は単純に鼻の粘膜の腫れなどで鼻がつまって嗅覚障害を起こしていることが多いようです(気導性嗅覚障害)。
異臭症と呼ばれる『違う匂いに感じる』『全部の匂いが同じに感じる』『何もないのに匂いを感じる』症状も頻度が高いとされています。


基本的に新型コロナ感染後長期的に続く嗅覚障害は普通の風邪による『感冒後嗅覚障害』と同じような病態のようです(嗅神経性嗅覚障害)。


味覚障害については、嗅覚障害を伴う頻度が多く味覚障害単独の頻度が低いこと、味覚検査を行うと正常の結果となることが多かったことから新型コロナ感染後の味覚障害の多くは嗅覚障害による『風味障害(においが感じないことで味がわからない)』と考えられています。



では、治療については...


この資料には特に記載はありません。


もちろん自然回復は十分期待できるものですから、1か月程度は様子をみて問題ないと思います。

診察の上、ファイバー(カメラ)を用いた鼻の中を観察し、特に匂いを感じる場所(嗅裂)がちゃんと通っているか確認。
においの検査も必要に応じて行い、嗅覚障害が気導性なのか、嗅神経性なのかを鑑別することも大事でしょう。



で、治療については?

感冒後嗅覚障害と同様の病態だと考えるとある程度手段は限られてきます。


治療としては
当帰芍薬散などの漢方薬
嗅覚刺激療法(においのリハビリ)

この2つは有効だと考えています。

嗅覚障害に対してよく行われるステロイドの点鼻については、基本的に気導性嗅覚障害の治療と考えます。
鼻の中に炎症を起こしているような所見があれば使用を検討して良いかと思います。


味覚障害については前述したように嗅覚障害に伴う『風味障害』という部分が大きいようです。
なので嗅覚障害が改善すれば良くなっていくハズですが、嗅覚障害がなく味覚障害のみの場合は他の原因も考えなくてはなりません。

味覚障害で多いのは亜鉛欠乏によるものです。血液検査で調べてみるのは必要かもしれません。
新型コロナ感染が亜鉛欠乏の直接原因になるかと言われると...ないかもしれませんが。



残念ながらこれらの嗅覚味覚障害はこれまでもたくさん研究されてきた分野ですので、今後『新型コロナ後の嗅覚障害』に特化したような治療法やお薬などがすぐに開発される可能性は低いかと思います。


正直な話、治療を行ってもすぐに治ることは少ないと思います。
数か月単位での治療になることが多いと思いますし、絶対に良くなるとも言いづらいです。


ただ、当たり前ですが味覚も嗅覚も非常に大切な感覚ですので、少しでも回復の助けになればと思い治療していますm(__)m

Posted:2021.11.29 | Category: 雑談

11月19日のことなので、もう10日も前のことになってしまいましたが...(^^;)


20211119_180852(1).JPG
当院から撮影した月食。

なかなかキレイに撮れたのですが、よくみると少しブレてますね(T_T)


実は月食があることを全く知らず、職員が夕方に教えてくれました。

隙をみて一瞬で駐車場から撮影。

良いタイミングだったのか、しっかり赤く見えました。



20211130_083324.JPG
そういえば新クリニックにガラスが入りました!

窓ができてくるとちゃんとした『建物』って感じになりますね(^^)


インテリアの机やソファなど一つ一つ選ぶ作業などしておりますが...気付けばもう12月。
もう2か月後にはおそらく引っ越しになるかと思うと、やらなきゃいけないことがまだまだまだあります(゚Д゚;)


今回は雑談のみでしたm(__)m

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日