たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ

2016年5月の記事一覧

Posted:2016.05.31 | Category: 医療系のお話

DSC_0912-thumb-600xauto-30.jpg

咳の原因となる病気には

A 上気道 (鼻・口から喉頭声帯の付近まで)
    ①副鼻腔炎(後鼻漏)
 ②のどの炎症
 ③のどのアレルギー  咳喘息、アトピー咳など


B 下気道 (気管 気管支 肺)
 ①
気管  喘息、腫瘍、異物
      炎症(細菌、ウイルス、特殊な炎症)


 ②肺   炎症(一般細菌、結核性、特殊な炎症(マイコプラズマ肺炎、百日咳など)         
      慢性閉塞性肺疾患(COPD)
      腫瘍

C 消化器  

  逆流性食道炎

D 薬剤誘発性の咳

  高血圧の薬など
  (
咳の一因になっても、血圧の管理に必要なこともあります。自己判断で薬を止めないようにしてください)

E 気道異物による咳

  特に幼小児(ピーナッツなどの豆類が最多)

 

F かぜ症候群後遷延性咳嗽

G 心因性・習慣性の咳

 

以上のように、おおまかに書いても様々な原因があります。

せきの状況、その期間、時間帯、季節性、痰の有無などを参考に診察します。

耳鼻科の専門は主に「A」の原因ですが、「B」以下の事柄に注意し、必要であれば呼吸器内科への対診も行い診断・治療を行います。

次回より、特に耳鼻科で扱う原因疾患について細かく書いていきます。


画像は今回作成しましたポケットティッシュです。

可愛くできました。

Posted:2016.05.26 | Category: 医療系のお話

まだ5月ですが蒸し暑い日が続いています。

当院も昨日、エアコンの洗浄を業者に行っていただき、出来るだけ快適な環境を提供できればと考えております。




さて、題名の通り、咳のお話です。

耳鼻咽喉科の外来では細菌による炎症・感染(急性中耳炎や副鼻腔炎など)は減ってきておりますが、逆に増えているのがアレルギー疾患です。

細菌による急性中耳炎に代わり、アレルギーによる好酸球性中耳炎。副鼻腔炎(蓄膿症)に代わって好酸球性副鼻腔炎など、治療が困難なものも増えております。

TV番組や新聞などでも最近よく取り上げられますが、これは食生活や住環境など、生活習慣の変化が関係していると言われています。

アレルギー疾患の代表としましては、アレルギー性鼻炎(花粉症など)の他に気管支喘息やアトピー性皮膚炎などがよく知られていますし、食物アレルギーも注目されております。


咳の原因としてアレルギーは非常に重要となります。

日々の診療の中で症状に咳と鼻水は多く見られます

耳鼻咽喉科では 主に上気道(鼻・口から気管まで)が原因と思われる咳に対して、肺なども考慮しつつ診療しております。

(必要があれば呼吸器内科の施設にご紹介することもあります)


そこで何回かに分けて簡単ですがなるべく判りやすく「咳の原因」についてアレルギー・鼻水の話も含めて書いていこうと思います。


皆さんの健康に、快適な日常生活に少しでもお役に立てれば幸いです。



最後に、このたび当院では電子カルテシステムの導入を進めております。現在頑張って訓練中です(院長苦戦中です)

DSC_0902.JPG

Posted:2016.05.17 | Category: お知らせ

震災もあり、ご報告が遅れましたが、本年4月に当院は開院30周年を迎え、常勤医師の増員も行いました。


それにより更に確実な医療を待ち時間を少なく提供できればと考えております。

(医師の詳細につきましては、「医院紹介」のページをご覧ください。)

院内も3月末に改築し、診察室を2つに増設しております。

DSC_0883-thumb-600xauto-13.jpg


DSC_0887.JPGのサムネイル画像


昨日、震災で壊れてしまった空気清浄機も新しくなりました。

待合室と診察室2か所に設置してます。

きれいな空気でお待ちしております。

DSC_0894-thumb-600xauto-18.jpg

DSC_0891-thumb-600xauto-20.jpg

Posted:2016.05.11 | Category: お知らせ

あの震災から早くも1か月が経とうとしています。

 

当院も本震後1週間は水道も出ず、機材の消毒もできない状態でしたが、最低限の診察と処方のみさせていただいていました。

壊れた検査機器もありましたが、徐々に入れ替え、現在は通常通りの診療を行えております。

 

当院は本年3月に開院30周年を迎え、4月から常勤医師が2名になり新しいスタートを切ったばかりで出鼻を挫かれてしまいましたが、震災後、避難所や車中で生活された方々には体調を崩される方も多く、少しでもお力になれればと当院スタッフ一同頑張っております!

 

 

P1010811.JPGのサムネイル画像

 

特に最近多くいらっしゃるのが、家の片づけをされてほこりを吸い込んでから鼻、のどの不調が続いている方々です。

もともとアレルギー性鼻炎を持たれている方は特に症状が強く、余震で眠れない夜がさらに寝苦しくなっているようです。

睡眠は健康の基本です。しっかり治療してみんなで復興へ向けて頑張っていきましょう!

jishingo.jpg

 

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日