たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ

2019年1月の記事一覧

Posted:2019.01.31 | Category: 医療系のお話

普段あまりテレビを観ない私ですが、最近インフルエンザの話をしている番組をいくつか観ました。

その中で気になったことをいくつか。


・今年は熱が出ないインフルエンザがいる?
うん。毎年言ってますね(^-^;
熱が40℃出る方もいれば平熱程度の方もいらっしゃいます
典型的には頭痛、倦怠感、関節痛などが症状として多いのですが、のどが痛い、咳が出るなどの症状の方もいます。





・インフルエンザの検査は熱が出て12時間以上経たないとダメ?
そんなことありません
最近のインフルエンザ検査は優秀で、熱が出てすぐの方でもかなり敏感に反応してくれます。
『まだ検査には早いので、明日また来てください』なんてことは最近全然ありません

ちなみに一時期CMでよくやってた富士フィルムの『ドライケム IMMUNO AG1』という機械があります。感染初期でも高感度にウィルスを検出するというものです。(⇒『富士フィルムのページ』)

当院にも一台あり、使用してます。この装置、確かに良いんですが時間がかかるのが玉に瑕(^-^;
(普通の検査キットでは数十秒~5分で判定。この装置だと数分~15分かかることもあります。)




・インフルエンザの検査は痛い?
全然痛くないとは言いませんが...しっかりと鼻の中を見ながらすればそこまでの激痛はないハズ。逆に鼻の手前だけをちょこちょこしても検査として不適切ですので...まぁあまり気持ちいい検査ではありませんね。

(検査について詳しくは⇒2017.1.23のブログ『インフルエンザ検査のやり方』)




・インフルエンザの予防にマスクは効果ない?
これも前から言われていることですが、個人的には効果が全くないとは思ってません。
マスクした方がいいけど、予防にはあんまり効果ないよ』というくらいでしょうか。


(他の予防法についても以前書いたので詳しくは⇒2017.12.11のブログ『インフルエンザの感染予防』




・ゾフルーザが効かない『耐性ウィルス』がいる?
一時期は凄く持ち上げられていた新薬ゾフルーザ。急に叩かれだした感じですね(^-^;
これ、ゾフルーザの発売前から言われていたことですが、10%程度で耐性をもつインフルエンザウィルスがいるかもしれないと言われています。タミフル、リレンザ、イナビルなども耐性ウィルスはいるのですが、割合としてはずっと少ない。

そういったことも含めて薬は選択する必要がありますし、薬を使わないという選択もありますよ(^^)





どうしてもこの時期は同じような報道が増えますね(^_-)

Posted:2019.01.29 | Category: のど 雑談

だいぶブログの間隔が空いてしまいました(^-^;

というのも、先週体調崩してまして...


診療もちょこちょこと院長にお願いして休養させていただきました。





ちなみに病名は...




急性扁桃炎



扁桃炎についての詳しい話はHP内で解説していますので、よかったらどうぞ
(⇒のどの悩み『急性扁桃炎』


先週のはじめからのどの痛みがあったのですが


風邪かな~((+_+))
なんて思っていたら、その後からどんどん扁桃が腫れてきて、真っ白に。
扁桃から膿がでてるような状態です。





そして唾液を飲み込むのも辛くなってきました( ;∀;)
熱は微熱程度でしたし、人にうつすような病気ではないのですが...


DSC_2890.JPG
連日点滴( ゚Д゚)



注射嫌いなのですが、早く治す為には仕方ない...
もちろん普通に飲み薬も使ってましたが...扁桃炎が酷い時はやっぱり点滴の方が早いです。



ちなみに点滴の中身は生理食塩水に抗生剤とステロイドです。
ステロイドは腫れを抑える作用があるので、扁桃炎で痛みが強い時などは有効です。




こんなに酷い扁桃炎には初めてなりましたが、控えめに言ってかなりツラかったです( ;∀;)
おかげさまで体重も2kgくらい減量。BMIも20程度です((+_+))



これから扁桃炎の患者さんに『もっと』優しくできそうです。

Posted:2019.01.15 | Category: 医療系のお話

1月13日は日曜日ですが、休日当番医でした。


220人ほど来院されたのですが...


なんとインフルエンザ陽性が1日で約150人
inhurukensa.jpg




先週からインフルエンザは増えてきてはいましたが、ここまで急に増えるとは予想していませんでした( ;∀;)

どうやら他の当番医も予想以上だったらしく、小児科や内科で『インフルエンザ検査キットが無くなって検査できない』という事態まで起こったそうです。

当院も多めに準備はしていたのですが、ホントにギリギリ足りた感じでした(^-^;




ちなみに、インフルエンザの検査は絶対に必要というわけではありません




例えば、家族にインフルエンザがいて、発熱、関節痛、倦怠感などのインフルエンザの症状があり、他に発熱の原因となるような異常がない場合、医師の判断でインフルエンザと診断してお薬だしても問題ありません。

(実際にそうやってお薬だすことは結構あります)





ただ、最近は会社や幼稚園などから『検査をしてこいと言われた』という方が非常に多いです。なのでほとんどの方に検査を行うことになってしまいます。


熱も症状もないのにインフルエンザの人と接触しただけで検査してこいと言われて受診された方もいて、流石にやりすぎな気もします。




インフルエンザは絶対に治療が必要な病気ではありませんので、インフルエンザが心配でも食事・水分がしっかり摂れて、特に大きな持病もない方であれば周囲に感染させないように自宅安静して病院を受診する必要もありません。



hatsubai-Xofluza20.jpg
やっぱり当番医中もこのお薬が人気でした(^-^;





ついでに言うと、幼稚園や学校などの『登園(登校)許可書』というものもちょっと...
インフルエンザの場合、『発症して5日間、かつ解熱後2日間』という期間が学校などの出席停止期間です。



この期間をしっかり守ってもらえれば医師からは『登校して大丈夫です』と言うしかないわけです(^-^;
わざわざ許可書をもらうために病院受診しなくても良いと思うのですが。
厚生労働省も『医療機関に証明書を求めることは望ましくない』って言ってます。




もちろん、学校や会社などの集団において感染症が蔓延することを防ぐためにされていることだとは思いますし、持ってきて頂ければすぐに書きますが...



もうちょっと良いシステムはないのかなぁ...

Posted:2019.01.08 | Category: お薬の話

年明けからインフルエンザが急激に増えております。
今のところ当院では全員A型インフルエンザですね。


そんななか、時々
『インフルエンザの新しい薬が出たってテレビで観た』
という患者さんがいらっしゃいます。


題名の『ゾフルーザ(バロキサビル)』ですね。



1回の内服で治療完了し、さらに今までの内服薬(タミフル)よりも周りへの感染を早期に抑えられると言われています。

ゾフルーザについては以前に一度書きましたので、こちらも併せてどうぞ
(⇒2018年10月9日のブログ『ゾフルーザについて』




このゾフルーザ、去年の3月に新発売となったばかりなのですが...




なんとすでにインフルエンザのお薬でシェア1位になったそうです。





ここまで一気に広がるとは開発した塩野義製薬も予想してなかったのでは(^-^;




一応、インフルエンザに薬を使う時は他の薬の説明もするようにしていますが...



結構な割合でゾフルーザを希望されます。


何日もお薬飲んだり吸入したりするより、1回薬飲むだけで済むならそれが一番いいですもんね(^-^;




ゾフルーザのデメリットでよく言われているのが
・コスト(値段が高い)
・耐性化の可能性がある
・新しいお薬なので未知の副作用の可能性がある。



といったところです。
医療費は安く抑えられた方が当然良いし、新しいお薬は十分試験されて発売になっているのですが、100%安全な薬なんてありません(これは他のお薬も含めて)。



というわけで、病院全体で『まだゾフルーザは使わない』というところもあるようです。
その一方、『ゾフルーザばっかり使っている』というところも多いようですが...はてさて




今のところ、一番良いと思ったのは体重10~20kgのお子さんで錠剤が問題なく飲める子
イナビルやリレンザはしっかり吸入できるかわからない。タミフルの粉薬は苦いし5日間。
ゾフルーザにも顆粒(粉薬)がつくられる予定ですが、まだ発売されてないし、体重20kg以上ないと使えないようです*_*;





結論、今のところゾフルーザは非常に良いお薬だと思います。

もちろん一番良いのは、インフルエンザにかからないことですけどね(*^^*)

Posted:2019.01.04 | Category: 雑談

明けましておめでとうございます。
2019年、当院本日から診療開始致しました!!


年始から地震があったり不穏な感じもありましたが(^-^;

今年も患者さん第一に進化を続けるクリニックとして頑張ります!



診察室のカレンダーも...
DSC_2874.JPG


DSC_2876.JPG

スヌーピーからミニオンに進化(?)


本日受診した子ども達はすぐに気づいて『ミニオン~♪』と喜んでくれてます。
人気ですね~





正直、私はミニオンの映画を一度も観たことないのですが...( 一一)
最初『ミニヨン』と書いてしまったし(・_・;)





とにかく、今年も宜しくお願い致します。

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日