たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ
Posted:2018.10.09 | Category: お薬の話 医療系のお話

今日もだいぶ気温が下がってインフルエンザの季節が近づいてきました。

先週だったか熊本でインフルエンザの局地的流行があり学級閉鎖が1か所あったそうです。
当院でも数人検査を行いましたが、全員陰性でした。



さて、今回はインフルエンザのお薬についてです。
以前に"ゾフルーザ(バロキサビルマルボキシル)"という新しいお薬について書きましたので、こちらも参照ください。
(⇒2018.3.6の記事『新・抗インフルエンザ薬』


このゾフルーザ、キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤(長っ!)というお薬です。
まだ新しいので効果についてはっきりと言いづらかったのですが、先日"タミフル(オセルタミビル)"と比較した論文が『New England Journal of Medicine』という超一流雑誌に載りました。





結論から言うと
◎ゾフルーザとタミフルは何も治療しない場合よりも平均1日くらい症状を早く抑える
◎ゾフルーザとタミフルでは、ゾフルーザの方がウィルスの検出期間が短くなる


簡単に言うと、両方のお薬ともインフルエンザの症状は抑える効果は同じくらい
ただ、ゾフルーザの方がウィルスが速やかに減るので、周囲にうつすリスクは低くなる可能性はある


ということです。



『ならゾフルーザの方がいいじゃん』



ってなりますが、デメリットもあります。



ゾフルーザのメリット、デメリットをまとめます。

◎メリット
1回内服するだけで良い
・周囲にうつすリスクを減らせる可能性がある

×デメリット
・体重が10kg以上ないと使用できない
・顆粒(粉薬)も発売予定だが、これは体重20kg以上ないと使えない。
値段が高い(タミフルのジェネリックと比べると3割負担で1000円くらい違う)


他のイナビルやリレンザとの比較はまだ発表されてないので何とも言えません。
顆粒が今後、体重の小さなお子さんまで適応が広がればいいですね。


タミフルだと1日2回5日間内服しないといけないし、タミフルのドライシロップは美味しくないのが有名です(^-^;


嫌がるお子さんに5日間もお薬飲ませるのは大変です。



というわけでゾフルーザの顆粒は美味しいことを願います(^^)

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日