たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ
ブログ内の検索はこちら
Posted:2019.07.08 | Category: のど 医療系のお話

なんとなく鏡で口の中を見ていると、舌にモコモコとしている部分が...
しかも何個もある?
痛くもなんともないけど...


ということで心配になられて受診される方が時々いらっしゃいます。


で、その中で多いのがコチラ

zetunyuutou.png
舌の奥の方でVの字にならんでいるモコモコ。

コレ、結構奥の方を頑張って見ないと見えないので、初めて見ると確かに心配になるかもしれません。


でもこれはもともと誰にでもあるものなんです。

zetukaibou.png
舌の図。

この中の有郭乳頭(ゆうかくにゅうとう)というものです。

 

舌には4つの乳頭があります。
糸状乳頭:舌表面の前方2/3ほどに存在。舌の触覚に関係。
茸状乳頭:糸状乳頭の間にところどころある乳頭。赤い粒のような感じに見えるもの。
有郭乳頭:奥の方にV字に並ぶ乳頭。
葉状乳頭:舌の後方、側面にある乳頭。

この4つを総称して『舌乳頭(ぜつにゅうとう)』と呼びます。


この中で、糸状乳頭以外には味を感じるための味蕾(みらい)が存在します。
『舌乳頭の中で味蕾が存在しないのはどれか?』っていう問題が出しやすいので、大学の試験で何度も見た覚えが(^-^;



年に数人はこの舌乳頭を"できもの"と勘違いされて受診されます。
もちろん、舌乳頭以外にできものがある可能性はありますので、気になる方は遠慮せず耳鼻科を受診してください。



唐突な舌の話でしたが、いくつかまだ書きたいことがあるので、舌の話が次回も続きます(^_-)-☆

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日