たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ
Posted:2018.11.09 | Category: 医療系のお話 雑談

先日の外来にて3歳くらいの患者さんの親御さんより
『4,5日前から鼻の調子が悪くて、この子が自分から"青い服の先生のとこ行く!"って言うんです。』
とのお言葉。



青い服の先生(^-^;




確かに私は普段の診療で青い服をよく着ています。
sukurab01.jpg

こんなのです。


これ、『スクラブ』と言う、ちゃんと医療用の服です。
wikipediaを見ると、いちおう白衣の一種らしい。



医療系のドラマなんかでもよく着ていることが多いかと思います。
(『コード・ブルー』とか)


医者のイメージと言えばやっぱり『白衣』の方もいらっしゃるかと思いますが

haruka01.png
こんな感じですね。


ただ、こういうコート系の白衣って結構動きにくいんです。
処置をするときに袖が邪魔になるし、裾が椅子なんかに引っかかったりもするし(*_*;



なので、救急や外科系の医師は私のようなスクラブを着ていることが多いです。
救急チームなんかはチームの『ユニフォーム』として特注しているところもありますね。


白衣というのは基本的に防護服ですから、その役目ができていればデザインよりも機能性を重視した方が良いわけです。




お子さんの中には『白い服』⇒『お医者さん』⇒『怖い』というようなイメージになっちゃってる子もいますし、怖がらせない為にもスクラブはいいかと思ってます(*^^*)





逆にスクラブのデメリットは...





冬場は寒い(T_T)

 





なので、寒くなってくると私もスクラブの上に普通の白衣を着ることが多いです。



でもたまに白衣を着ていると




『なんで今日はお医者さんの服着てるの~?』

って言われたりもするんですよね(^-^;

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日