たかむら耳鼻咽喉科

耳・花・喉・アレルギーのクリニック 096-382-8700

もぐらタイムズ

もぐらタイムズ

熊本の耳鼻咽喉科トップ > もぐらタイムズ
Posted:2017.02.25 | Category: 医療系のお話 耳

前回のブログで2月22日に鼻耳の調子が悪くなったことを書きましたが、2月24日朝からなんだかまた右耳がつまった感じ。
鼻の調子はまずまずなのですが、明らかに耳の調子がおかしい。患者さんが途切れた時間に院長に耳の中を見てもらう。

診察上は異常なし。


念のため、聴力検査を行う。

結果...
DSC_1332.JPG

...突発性難聴!?

そしてなんだかフラフラする感じもある。
聴力検査では低音域が特に落ちている。
念には念をいれてティンパノメトリー(鼓膜の動きを見る検査)も行う。

...異常なし。




診断名『低音障害型突発性難聴』


程度としては重症ではありませんが、実際経験してみるとかなり不便。
相手の声の聞き取りが悪いのはもちろんですが、自分の声の調整がしにくい!

治療のメインはステロイドの内服
プレドニゾロンというお薬で1日30mgから徐々に減らしていく漸減療法という使い方です。
DSC_1336.JPG

胃腸障害を起こすことがあるので、胃薬も忘れずに。
DSC_1338.JPG

そしてこれ
DSC_1337.JPG
メニレットゼリー

以前は『イソバイド』という液体のお薬を使っていましたが、非常に飲みにくいという評判でしたから、改良してゼリーになったのでしょう。
これは『利尿剤』です。
『メニエール病』という病気がありますが、この病気の原因は内耳の『浮腫』つまり水膨れです。その水膨れを利尿剤で抑えるために使います。
『低音障害型突発性難聴』もメニエールと同様の障害が考えられており、このお薬を使います。

とりあえず見た目はこんな感じ。
DSC_1339.JPG

匂ってみる。
う~ん、なんだか黒糖のような感じ。悪くない。

...飲んでみる。



.........マズい!!!!!!!!!!!!!!!


苦みが強く、後味がめちゃ残る!
これを1日3回、、、(:_;)

でもきっちり治したいので頑張って飲み続けます(:_;)


しかし、この病気の原因でよく言われているのは、ストレスや心身の疲れ。
よく患者さんには『なるべくストレスのない生活を心がけて、食事・睡眠を十分に摂って、楽しいことはたくさんしましょう』などと説明しています。

あんまりストレスとか感じる性格でもないのですが、そんなに疲れ溜まってたのかなぁ(^-^;

診察中は患者さんが左側にくるので、右耳だったのは不幸中の幸い。
診察は通常通り行えますので、ご心配なく(^^)/

熊本市耳鼻咽喉科 たかむら耳鼻咽喉科
〒862-0926 熊本市東区保田窪5丁目10-26  ■診療時間 ●月~火・木~金/9:00-12:30 14:30-18:30 ●水曜日/9:00-12:30 ●土曜日/9:00-12:30 14:00-15:00  ■休診日 日曜・祝祭日